PDCAを回す!

お久しぶりです!

気付いたら1ヶ月以上ブログを放置してしまい、何から書き始めたら良いものか…。

4月は産業翻訳の実ジョブと、元勤務先からの依頼を交互に受注し
仕事に取り組む日が多く学習があまり進みませんでした。

5月は学習の遅れを取り戻すべく受注を控えております。

けれど、本を買うくらいのお小遣いは自分で稼ぎたい。
なので納期長めの案件で、1日に4-5時間の学習時間の確保も可、と判断すれば依頼を受けています。

1日のスケジュールの組み立て

1月までは日中仕事をしていましたし、化学・物理の理系分野の基礎学習が中心だったため、ずっと使える時間も使い方(学習内容)も決まっていたんですよね。

使える時間:早朝と通勤の往復
使い方:勉強
               以上!

みたいな。
(休日は主人が休みでない場合が多いために早朝の勉強のみです)

そのため、「1日のスケジュールを念入りに組み立てる」機会があまりありませんでした。

今現在、勉強と仕事両方の日が週に2-3日程度でしょうか。

私の平日の持ち時間は今のところ、早朝の2時間程度と、8時半~16時半。

学習、仕事、時々小学校の行事など(希望していないのにPTA委員になってしまった…)をスケジュールを表に書き込み、どうすれば時間が無駄にならないか、どうやったらスケジュールを効率よく回すことができるか、試行錯誤の毎日です。

学習記録表のテンプレートを変える

そこで講座でも紹介された「一生食えるプロのPDCA」という本を読み、
この本に載っていたweeklyスケジュールのテンプレートを自分なりにアレンジし、先月より使用しています。

 

ちなみに、以前のものはデータを消してしまったのですが、
やったこと、やった時間をただ記録するだけでした。

今は目標時間と実際にやった時間を記入し、
できた・できなかったを一目でわかるようにしたことで、
しっかりとその日、その一週間を振り返ることにしています。

できた場合・できなかった場合のそれぞれの要因が、私の場合突き詰めるとだいたい同じでなのですよね。

例えばできなかった場合ですが、

納品後気が抜けてしまったり、
1日のうちどこかに用事があるとなかなか学習に集中できない、など。
結果、勉強時間が短くなる傾向があります。

要するに、気持ちの切り替えが下手なのです。

けれどそのロスを毎日時間に表し、「これではいかん」と反省。
休憩時はタイマーを使い、アラームが鳴れば絶対に机に向かうと決め、
目標通りにいった時に思いきり気持ちを上げる
ことで、
目標時間と実行時間の差が埋まるようになりました。

このテンプレートを使用し始めて約1ケ月。
実行時間(Do)と目標時間(Plan)の差がマイナスになることはほとんどなくなりました。

来月よりトライアル受験(英語の特許or産業翻訳で)を開始します。
また日々の予定が複雑になってしまうかも知れませんが、引き続きPDCAを回し日々の行動を検証して改善にもっていく習慣を大切にしたいと思います。

ブログ更新もやめない

ブログもまたちょこちょこと更新していきたいと思います。

正直に言うと、これ以上放置すると更新することが億劫になりそうでした。
せっかく独自ドメイン取って、有料テーマ入れて作ったブログですし、自然消滅したくはありません。
少しでも、手短にでも、更新はこまめにした方が良かったなと猛省しています。

ではまたよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です