7/21(土)~7/24(火)学習記録 反応機構が難しい

早速、更新までに日が空いてしまいました。

先週末の土日は終日予定があり外出。
子ども絡みの予定と、親友と数年ぶりの再開だったため、「どうしても」の予定だったのだけれど、この暑さの外出はかなり疲れが残る→次の日の朝疲れが取れず起きられないということが判明。
「1日くらいなら」と外出すると、その「1日」が後の数日を狂わすこともあり得るので、極力休日は出かけないことを改めて決意しました。

4日間の勉強記録をまとめて。

7/21(土)2時間半
7/22(日)1時間半
7/23(月)2時間半
7/24(火)1時間半

岡野の化学 38-41

あぁ、もっと早起をせねば…。
(今のところ4時~4時半起き。全然足りない。)

芳香族の置換反応のところ、中間体の反応機構図を追うのにかなり時間がかかりました。
「イオン」「カルボカチオン」「安定性」「共鳴」「マルコフニコフ」これらの言葉を聞いたことがあるようなないような。

追えなさすぎて管理人さんの図の説明を一旦、写経のようにタイプ→印刷して、わからなければ調べていく、という方法を取るも、どうしても理解できない。
前回は確か中間体の話がエステルのところで出てきて、その時は「何となくわかった」でやり過ごしてしまったため、今回はとことん図と付き合ってみたものの、まだ自信がない。
反応機構とにらめっこしすぎて、全体が見えていないことにも気づく。

そして、付加反応の番外編だけれど「マルコフニコフ」関連のビデオセミナーを発見したので(「0983_付加反応とマルコフニコフ則」など)、中間体の理解に役立つと思って見てみることにする。

「理系の知識がないから、とりあえず岡野の化学!」と思い、「岡野の化学」というタイトルに絞って視聴していたため、番外編を見逃していた。
ちなみに、ダウンロード時に岡野も含めて化学に関する最優先フォルダを作ったのだけれど、そもそも講座開始時には「マルコフニコフ」が化学に分類されることすら知らなかったため、見当違いのフォルダに入っていた。

やっぱり、全体が見えていない。
講座ビデオのインデックスももう一度見直そう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です