離れて行く翻訳者と、やりがい搾取

先日の管理人さんのブログに紹介されていた記事を見て、うちの会社のことではないか⁈とドキドキしてしまいました。

中でも、
「低単価だけれどやりがいを提供しています」
っていうところ。

これ、言ってそう…
うちの会社は「やりがい」っていう言葉が大好きだし。

離れて行く翻訳者

少し前から他社に流れて行く翻訳者が増えてきました。
理由は、単価が安いからです。

それに対してうちの会社がとった対応。

「コーディネーターと翻訳者の絆を深めよう!」作戦。

単価アップじゃないんだね、と突っ込み。笑

この作戦のおかげで、翻訳者手配のルールが改悪されました。
ただでさえ大変な手配に、ひと手間もふた手間もかかるようになったのです。

高い社員の離職率

もし、PMとの絆を深めることで、低単価でも翻訳者が他社に行かないとすれば。

社員の離職率どうにかすれば?という話です。
この一年で社員の半分が退職していきました。
ひと月5人辞めた時もありました。

そんな、担当PMがコロコロ変わる状態で絆も何もあったもんじゃないと思うのですが。

手配ルールが改悪→手配ひとつに時間がかかる→残業増える→退職
この構図が見えていないのでしょうか。

やりがいの押し付け

私は入社時に上司から
「給料安いけれど、やりがいのある仕事だから!」
だから我慢してくれ的なことを言われました。

その「やりがい」を熱ーーく語ってくれた上司はすでにいません。
もっと「やりがい」を感じられる仕事を見つけたのでしょうか。

勉強会やセミナーを計画し、これからもどんどん翻訳者×社員の交流の場が増えて行くと思います。

そこでやりがいを感じてもらって、単価アップはないのかな。