昨年の勤怠表を見て、繁忙時期を表にしてみた

ビデオセミナー「3014_トライアルのタイミングと上位合格」を視聴。

ちょうど昨年の給与明細を整理していて、勤務表も一緒にファイルしていたので
残業の記録から昨年の繁忙期を表にしてみました。

(元)いち翻訳コーディネーターの繁忙期なのですが、
翻訳業界全体の繁忙期もあまり変わらないかと思います。

ちなみに私の元勤務先は、トライアルの応募窓口専門の人がいたので
応募についてはいつでもウェルカムでした。

けれど、トライアル窓口の担当者がPMと兼任している場合は、応募自体
繁忙期を避けた方がよさそうですね。
これについては応募者が知る手立てもないのですが…。小さな会社だとあり得ます。

「新人に依頼するタイミング」は管理人さんがビデオで言っていたタイミングと同じです。
(繁忙期前に少し依頼してみて、繁忙期に突っ込む)

作った表が以下の通り。

  • 黄色が繁忙期です(私の)。
    年末年始
    年度末~GW
    お盆
    このあたりは思い出すのも辛いくらい、本当に忙しかったです。
  • 繁忙期が終わった途端、一時期とても暇になったのが、灰色部分。
    ほんと急に、休みが明けた途端依頼が一瞬途絶えます。
  • 9月後半~10月はすみません、結構残業していたのでマークしてみましたが理由を覚えておらずです…。

今年はGWの10連休があるので、翻訳者の囲み込みが去年より激化するだろう、
と先日元勤務先のPMより聞きました。

私もこれをちゃんとふまえて、今後は応募のタイミングを考えます。

2 件のコメント

  • rinさん

    いつも貴重な情報を共有していただき、ありがとうございます!

    3月というと、繁忙期の真っただ中なんですね。
    やはりこの時期のトライアル応募は歓迎されないのかも。
    しかし、繁忙期が過ぎるのを待っているとしたら、ゴールデンウィーク明け。
    いつ応募するのが一番いいのか、迷ってしまいますね。

    トライアルの応募そして合格に向けて、今は学習に力を入れることにします。

    • moncanaさん

      いえいえー!私もあまり繁忙期と応募のタイミングを関連づけて考えていなかったので…汗
      私の元勤務先のように、リソース担当者がPMと兼任していなければ、応募はいつでも大歓迎だと思いますよ。
      でもこればかりはわかりませんよね。
      応募は続けても、「本命」は避けたほうが良いかもです。
      ちなみに、去年に関して言えば6月も暇すぎてやることないので休みもらったりしていました。
      PMは今の時期死んでいます…。
      繁忙期の実ジョブは、案件の案内に不備があってわかりにくいことも多いので、
      注意してくださいねー!(心に余裕がなくて…私も常習犯でした)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です