スカイプ相談と、夫婦の話合いについて

今日は仕事を休み、スカイプ相談をしていただきました。
今回は、迷っていることについての相談でした。

相談内容はまた支障のない程度にまとめて、記事にしようかなと思っていますが(多分)、今日はナシで。

スカイプ中、
提出したWordファイルにこれでもかというほど突っ込みをいれられ、
「お茶会の女子みたいな答えだ」「夢子的な考えだ」と何度も言われてしまい…。
しかし、まったく仰る通りだったので、出直します(涙)

突っ込みに全て反論できて、勝算を語れるくらいのレベル
でないと
それはただの憧れ(夢子)であるということがわかりました。

―って、ビデオで散々言われていることなのですが、
「これ!」と思うと現実を忘れて、夢子ってしまいました…。

1時間半近く、私のまとまっていない考えにお付き合いいただき申し訳なかったのですが。
今日相談できて良かったと、心から思っています。

「旦那さんは何て言ってるの?」

今日の管理人さんの会話の中で、

「それ、旦那さん何って言ってるの?」
「どんな反応すると思う?」

と何度も聞かれたのですが、返答に困りました。

旦那は何も言わないし何の反応もない、と思ったからです。

本当は、今日の管理人さんの激しい突っ込みを、旦那にしてもらえたら一番良いのでしょうけれど。

よくわかっていないから、とりあえず賛成してくれる

うちの旦那は「勉強」とか「翻訳」とか「妻が稼ぐor稼がない」について、全く関心がないのです。
だから、今までも相談したことは全て、「よくわからないから賛成」してくれるパターンでした。

実際、この講座を始める時に報告はしましたが、今はもう「朝勉やってんな」くらいで、
それが「特許翻訳」の勉強であることは覚えていないでしょう(笑)

「妻が稼ぐor稼がない」に興味がないことついては、旦那が高給取りというわけではありません。

今までずっと夫婦共働きだったため、どんな生活になるか想像がつかないのだと思います。

あと、子どもができてからの共働き生活は、旦那があまり家にいないので本当に大変でした。
それを彼も申し訳ないと思っていて、退職には反対はできない、といった感じです。

私は勉強時間の確保のため退職したいと言ったはずですが、先日、退職までに勉強部屋を整えたいと話をしたら、「え、勉強すんの?!」って思いっきり驚かれたという…。
専業主婦願望で退職を希望していると思っていたと。

そんなこと、言ったことありませんけど。

反応は決まっていても、オープンにすべきかも?

皆さん、夫婦で目標を語り合ったり、
家族の今後についてちゃんと話したりされているのでしょうか?

我が家の場合、講座の受講費も含め、勉強に必要なお金は今のところ私の貯金から出しています。
旦那は休日も仕事のことが多く、子守をお願いすることも少ないので、
講座受講開始以降も特に話し合いとか、「お願い」とかありません。

もっと家族を巻き込んだかたちで、目標を語れば良いのでしょうか。
これは家族が幸せに暮らすための努力で、そのために稼げるようになりたいのだと。

家にいることは少ないけれど、旦那の家族愛は私より遥かに深いです(私は自分中心)。
あまり独りよがりの勉強をせず、反応は見えているけれど、
もっとオープンにした方がいいのかも知れないですね。

家族をもっと巻き込んだ方が、もっと頑張るぞという気持ちになるかも知れません。

6 件のコメント

  • rinさん、
    パートナーに認識してもらうのは性格も関係するので
    なかなか難しい問題ですよね。

    思い付きですが、
    ダイニングのテーブルに購入した本や印刷した明細書を置いたり、
    トイレや冷蔵庫に目標をはってみるのはいかがでしょうか?
    我が家はそうしています。

    私がだらしないため、ダイニングテーブルによく本を置きっぱなしにしています。
    本棚を覗かなくても、頻繁に本を買っていることはわかっているようです。

    また、トイレに貼ることで、子どもも目にするため、
    トイレの時に、「パパ読んで」といって、
    夫が読み上げていることもあります。

    うちの場合は、2人とも自営業だからかもしれませんが、
    収入や目標収入などもシェアしています。

    一度、話されてみたらどうだろうと思いました。
    最初のころから話しておくと、
    いざフリーで仕事を始めた時に協力を得られやすい気がします。

    • Ayumiさん

      アドバイスくださりありがとうございます!
      本に関しては、旦那の会社近くにジュンク堂があるのでよく頼むことがあるのですが。
      タイトルが「特許」何とかでも、ただの読み物としか思っていない様子です…。
      トイレに周期表を貼ってるのですが、突っ込まれたこともありません(笑)
      学習に関しては無言のアピールが通用しないようなので、話合いですね。

      目標収入のシェア、素晴らしいです。
      私もずっと働いていたけれど、家計を担っている意識が低かったかも知れません。
      旦那の無関心は、私の方にも問題があるかもですね。
      気づかせていただきました!ありがとうございます。

      p.s.動画拝見しましたよー。
      落ち着いた感じのトーンで話されていて、わかりやすかったです^^
      説明する力を私も身に着けたい…!

  • rinさん、こんにちは。
    講座受講生の夏みかんといいます。はじめまして!
    旦那様をあまり頼れないなかでのお仕事、育児、勉強、家事、大変ですよね…頭が下がります。

    うちは目標をシェアまではいきませんが、雑談時には話しています。私はいつも「私が特許翻訳で稼げるようになって、家のローン返すから!」と夫に言っています。

    旦那様がrinさんの退職後、どんな生活になるか想像できていないのであれば、予想を話し合ってみてはいかがでしょうか?
    お子様は保育園を続けるのか、収入はどうなるのか、などなど。
    特にメリットに焦点を当てると納得してもらいやすいと思います。現職よりも稼げる(可能性がある)とか、子どもの病気にも柔軟に対応できる、時間の融通がききやすい、子どもが小学校に上がった後も対応できるとか^^

    とはいえ、うちも、というか私も夫の仕事や収入にあまり興味がないので、旦那様の気持ちも少し分かります。うちは「お互いブロックし合わない」という暗黙の了解があるのかもしれません(笑)それで食べていけないようではもちろん困りますが。実際、夫は結婚後2回転職しました。夫も私のやることに反対したことはほぼありません。

    私も講座開始時には、時短勤務で会社勤めしながら勉強していた(しかも副業もしていた)ので、退職して勉強に集中したい気持ちもすごくわかります!もうパンクしそうでしたし、実際何度かパンクしました。あまり思い悩まないでくださいね^^

    • 夏みかんさん

      初めまして^^コメントとても嬉しいです。
      ありがとうございます。

      夏みかんさんは、会社勤めと子育てに加えて副業もされていたのですか。
      それは本当に本当に大変だったと思います…。

      うちの主人は安月給だけれど「好き」を仕事にしていて機嫌よく働いているので、
      私もあまり口出しをしていません。
      我が家もどちらかというと、「お互いブロックし合わない」暗黙ルールなのかも。
      あまり関心がない、というのがベースではありますが。

      私も、雑談の中にちょいちょい
      「私が特許翻訳者になれば」話を織り交ぜてみたいと思います!
      一時的であれ私の収入がなくなるというのは大変なことですし、
      そこからフリーランスに転身するのもまた大きな出来事なので、
      ちゃんと理解してほしいな、と思っています。

      話す時は仰る通り、メリットに焦点を当てて話をして、主人にも夢膨らませてもらいます(笑)
      そうすれば、それが主人と「約束した」ことになり、
      私も勉強する時にもっと、家族に意識を向けることができるかなと。

      働きながら勉強時間を確保することが難しく、退職を決めましたが、
      実は忙しさにかまけて退職後の生活を具体的に考えられていません。
      管理人さん曰く、「勝算を語れないのであれば、その道を選ぶな」ですが、
      「とりあえず辞めることだけ決まっている」状態なので、
      辞めた後の具体的なことを考え、「そうすることが稼ぐための近道」と
      主人に語れるレベルまでもっていきたいです。

      アドバイスありがとうございました!
      すっかり寒くなりましたが、母子共々に感染症に気を付けて頑張りましょう。

  • rinさん

    講座受講生の黒豆納豆です!
    今日投稿したブログにも書きましたが、私も旦那とあまり話し合いができていないな、と思っていたところです。
    うちの場合、旦那は私が何をやろうとしているのかはわかっています。
    しかし、
    「なぜそれをやりたいのか」
    「なぜ今なのか」
    「自分の中のどんな気持ちが起点となって講座を受講しているのか」
    など、自分の心の奥底にある気持ちを伝えられていませんでした。

    このあたりを伝えると、旦那さんももしかしたらrinさんの行動に興味を持ってくれるようになるかもしれません。
    (興味を持ってもらう必要が必ずしもあるかと言われると疑問ですが・・・)

    人に気持ちを伝えるって難しいですよね。
    お互いにがんばりましょう!!

    • 黒豆納豆さん

      アドバイスありがとうございます!!
      今日のブログ拝見しました。

      黒豆納豆さんは私の気持ちの代弁者かと思いましたよ、本当に。
      私も結構、自分一人で突っ走って完結しちゃうタイプで、
      「家族に理解を任せていた」って、まさにそれです。
      まぁ、うちの旦那は「意外にわかってくれていた」とかは絶対にないですが。

      「なぜ今なのか」
      ―これを上手く伝えることができれば、確かに理解は深まりますね。
      年齢問題、勤務先がブラック問題、子どものこと、家族のこと、
      遠回りしてきた自分の人生、etc.
      「なぜ今なのか」の理由にすべてが詰まっています。
      言葉にするのは難しいですが(汗)

      興味を持ってもらう必要は絶対にあると思いますよ。
      一人で突っ走るタイプは、周りを巻き込んだほうが上手くいくと思いました。
      今までの失敗経験で(笑)

      そして私も、自分の素直な気持ちをブログに書きたい、
      気持ちをさらけ出せる人が羨ましいと思っていました。

      本当に、気持ちを伝えるのは難しいですね。
      家族にも、周囲にも、ブログ読者の方々にも。
      勇気も必要ですし、少しずつ頑張りましょうか^^

  • rin にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です