アルバイト採用と、意識高い系英語女子

面接結果

先日受けた社内翻訳のアルバイトに採用されました。

外に出て働くことに、「これで良かったのか」と悩みました。
でも、「これで良かった」ことにします。

業務内容詳細は書けないのですが、とても面白いと思う分野なので(特許ではない)、
アルバイトを踏み台として、職場で得たものを活用します。

現在の在宅仕事ですが、ひとまず英語以外の他言語翻訳のお仕事は、一旦「依頼ストップ」をお願いしました。
あと前の職場からもらっていた仕事は、量を半分にして副業で続けようと思います。

アルバイト×副業×学習×家事×育児

「何もかも」上手くまわすことはできないのでしょうけれど、少しゆったりとした気持ちでトライ&エラーで進めていきたいです。

新しい職場に(少し)苦手だった人が働いていたという話。

自分のことを棚に上げて書きますけど。

私は管理人さんが「意識高い系英語女子」と言う度に思い出す人がいます。
その人をAさんとしましょう。

そのAさん、なんと8月からのアルバイト先にいたんですよ!!!!
面接の後社内見学をした時に見かけたんですけど、本人は気付いていなさそうでした(私のことを覚えていない可能性あり)。

なんだろう、最近ミニミニ講座を見て思い出すことが多かったから、引き寄せてしまったのか…。

知り合ったのは、数年前ある語学学校の「翻訳基礎講座」でクラスメイトでした。
この講座は、求職者を対象にした職業訓練だったんです。

学校は全国的に有名な翻訳学校で、半日×週4-5日が2か月間。
授業も含めて、毎日8時間くらい勉強していました。子どもがまだ小さかったので朝3時起きとかで。
翻訳に関する知識がなかった私にとっては、勉強になったと思っています(この頃からレバレッジ講座を始めていれば、、というのはおいといて)。

けれど、すでに他校の翻訳上級コースの卒業間近だったAさんは、授業のレベルの低さにいつも文句を言っていました。

そりゃそうだ。専門も何もない基礎講座なんだから。
なんで入ったんだろうといつも思っていました。(無料だったから????)

いつも、「私は他校でこんな専門的なことを教わっている」「ここはそんなことも教えてくれない」的なことを言っていましたっけ。

職業訓練だったので、履歴書や職歴書をを担当者が添削してくれるサービスもあったんですが、いつも何かしら担当者に噛みついていました…。

そして学校で転職先も紹介してくれたのですが、Aさんは「給料が低い」「レベルが低い」と言い、紹介は受けずに研究者が登録する転職エージェント(ちなみにAさん、研究者でも何でもなく文系大卒です)に登録し、派遣でどこかの研究所の翻訳者になります。

私はその「低賃金」の求人に応募し、前の職場(翻訳会社)で働くことになりました。

で、数か月後。

何とAさん、私の勤務先にチェッカーの面接に来ていたんです…!!!!
チェッカーもPMと同じくらいの低賃金です。しかも不合格でした。
ちなみにチェッカーは社内専属だったんで、翻訳は退職or退職予定だったのでしょうね。

実は前の職場は、私たちクラスメイト数名の集団面接で、誰一人落ちることなく採用してもらったんです。
私はPMでしたが、チェッカーで入った子もいました。
面接してくれた人が「来るもの拒まず」だったんですね。

なので、私たちと一緒に応募していれば、チェッカーになれていたと思います。
なのに「レベルが低い」って文句言うから…。

てな感じで、私の中で「意識高い系英語女子」と言えばAさんなんです。

まさか職場が一緒になるなんて。

恐らくプロジェクトも違いますし、人数多い会社なのであまり関わることはないでしょう。
でも、Aさんみたいな人が多いのかな、、と少し心配になってしまいました(汗)

キッズ携帯の準備

余談ですが、小1の子供に8月以降は一人で帰宅してもらい、一人でスイミング教室へ行ってもらうため、キッズ携帯を持たせることにしました。

先日何の下調べもない状態で、買い物帰りに携帯ショップに行ったのですが。

キッズ携帯って、どこも品薄なのですね。

ソフトバンクは3か月待ち。
auは近所のお店に2台だけ在庫があったのですが、GPS機能は親もキャリアが同じでないと利用できないと初めて知り(これはどこの携帯会社も同じです。私達夫婦は格安SIMでした)、「夫婦でau乗り換え+キッズ携帯」というめんどくさい手続きを取りました(3時に入店、新しい携帯を受け取って帰宅したのが夜8時すぎ…)。

格安スマホを子どもに持たせる、という選択肢もあったのですが、
auが高額キャッシュバックしてくれたのと(2-3年に1度、乗り換えの度に思うけどこの仕組み何なんでしょうね?)、
何だかんだ言ってもキッズ携帯の料金の方が安いので、乗り換え。

キャッシュバックしてもらう代わりに、iPhoneの機種変をしなければならず、帰宅後も旧→新iPhoneの引継ぎに手こずり、めちゃ面倒でした。

お子さんにこれからキッズ携帯を考えていらっしゃる方は、
早めに下調べをして必要であれば予約しておくことをおすすめします
(
店舗によっては予約を受け付けてくれないこともあるようですが)。

けれど、親が格安SIMだった場合などは、
無理に3大キャリア(docomo、ソフトバンク、au)でキッズ携帯を持たせることを考えず、
制限をかけてスマホを持たせても良いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です